ロザリア、3月28日にニューシングルをリリース【 Rosalia 2019 最新情報】
stubhub - March 28, 2019

ロザリア、3月28日にニューシングルをリリース【 Rosalia 2019 最新情報】

ニューシングル「Con altura」、J BalvinやEl Guinchoとコラボ
Rosalia, ロザリア, ロサリア

今、スペインで社会現象にもなっている新人アーティスト、ロザリア。3月28日にニューシングル「Con altura」をリリースすると突如発表し、スペイン国内だけに留まらず、海外からも大きな注目を集めている。

 

ニューシングル「Con altura」、3月28日リリース

スペインの新星歌手ロザリアは、ニューシングル「Con altura (コン・アルトゥーラ)」を3月28日に突如リリースし、世間から注目を浴びている。

このシングルでは、 J BalvinやEl Guinchoとコラボした。

 

 

最新アルバム「El mal querer」が大ヒット

2018年11月2日、ロザリアは待望の2ndアルバム「El mal querer」をリリースした。

最新アルバム「El mal querer」で、フラメンコにヒップホップとエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)を融合した、ストリートフラメンコの新ジャンルを開拓。

リリースからまもなく、このアルバムに収録された楽曲全てが、Spotifyのランキング・スペインTop50に入るという偉業を成し遂げている。

新作アルバム「El mal querer」のリリースによって、ロザリアはスペイン音楽業界において最も重要なアーティストの1人となった。

同アルバムに収録されている楽曲「Malamente」は、2018年にスペイン国内で最も試聴された曲だ。

1stアルバムはすでに高評価を得ていたが、2ndアルバム「El Mal Querer」は彼女の実力を決定的なものにした。

このアルバムによって、スペイン国内だけでなく国外からも注目を集めている。

 

スペインの「ロザリア現象」

今、スペインで話題沸騰中のロザリア。

フラメンコ界の新人アーティストとして彗星のごとく現れ、瞬く間にスペインで社会現象を巻き起こした。

その現象はスペイン国内だけに留まらず、世界へと広まりつつある。

つい最近まで少女だった若いロザリアは、ほんの数年で歌手・作曲家・プロデューサーとして、一気に注目を浴びるようになった。

彼女のクオリティー高い作品は、プロとして音楽業界が認めただけでなく、老若男女を問わず一般社会にも広く受け入れられた。

たった2枚のアルバムで、彼女の実力を世に知らしめた形だ。

 

一気に駆け上った成功への階段

スタジオで見せるレコーディングの様子や、ステージでの圧倒的パフォーマンスでは、彼女のカリスマ性が光る。

その土台には、しっかりしたトレーニングの積み重ねがあった。

カタルーニャ地方の音楽学校を卒業後は、あらゆる場でコンスタントにパフォーマンスしている。

公の前に初めて姿を現したのは、15歳の時。スペインのテレビ番組「Tu si que vales」への出演だった。

それ以降、スペイン大物アーティストの前座も務め、大型野外フェス「Primavera Sound」をはじめとするスペインの音楽フェスにも参加している。

ロザリアの知名度を一気に押し上げたのが、「MTV EMA 2018」と「ラテン・グラミー賞 2018」でのパフォーマンスだ。

 

 

世界的大ヒットの可能性を秘めた、スペインの新人アーティスト

2017年、フラメンコの要素が強い1stアルバム「Los Ángeles」をリリース。

このデビューアルバム「Los Ángeles」は、同年のベスト・アルバムとして、多くのメディアに取り上げられた。

ラテン・グラミー賞 2017では、最優秀新人賞にノミネートされている。

その1年後、2ndアルバム「El mal querer」で、「ベスト・オルタナティブ・ソング部門」と「ベスト・アーバン・フュージョン/パフォーマンス部門」の2つのラテン・グラミー賞を受賞。

2019年は、スペインや南米各地での音楽フェスへの出演の他、4月にアメリカ・カリフォルニア州にて開催される世界屈指の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル 2019」でのパフォーマンスも決定している。

スタブハブのイベントページで、ロザリアのコンサート情報をチェックしてみよう。

Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)チケット

ロザリアの音楽キャリアはまだ始まったばかり。

今後の活躍に、大いに期待がかかる。

ロザリアに関する最新ニュースは、ひき続き LineUp Magazine をどうぞ。
 

Share