2020年メジャーリーグに挑戦する3選手 ~移籍チームとチケット情報まとめ~
Contributor - January 22, 2020

2020年メジャーリーグに挑戦する3選手 ~移籍チームとチケット情報まとめ~

2020年メジャーリーグに挑戦する3選手 ~移籍チームとチケット情報まとめ~

2020年からメジャーリーグに移籍する3選手。日本プロ野球界の一流選手たちがメジャーリーグでどんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみにしている野球ファンの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、3選手が移籍したチームの基本情報やスタジアムへのアクセスなどをご紹介。ぜひ2020年から新天地でプレーする3選手を現地で応援しに出かけましょう!

 

筒香嘉智選手

まず最初にご紹介するのは、日本を代表する左のスラッガーとして横浜DeNAベイスターズからタンパベイ・レイズに移籍した筒香選手。2016年にはホームラン44本という驚異的な数字を残し、DeNAの躍進に大きく貢献しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Tampa Bay Rays (@raysbaseball) on

 

所属チーム「タンパベイ・レイズ」とは?

筒香選手が移籍先として選んだのが、アメリカンリーグ東地区に所属するタンパベイ・レイズ。MLB全30チームの中でも、1998年に創設された非常に若いチームであり、創設当初はずっと低迷に苦しんでいたものの、2008年にはチーム初となる地区優勝&リーグ優勝を成し遂げました。

2019年シーズンは地区2位という好成績を収めたものの、同地区のニューヨーク・ヤンキースが圧倒的な強さで地区優勝。2020年シーズンもヤンキースという高い壁がレイズの前に立ちはだかりそうです。

タンパベイ・レイズのチケットを探す

 

ホームグラウンド「トロピカーナ・フィールド」

タンパベイ・レイズのホームグラウンドとされているのが、フロリダ州セントピーターズバーグにあるトロピカーナ・フィールド。MLBチームのホームグラウンドとしては唯一の密閉式ドーム球場であり、バックスクリーン前の外野席には、チーム名の由来にもなっているエイが入った巨大水槽があることでも知られています。

 

トロピカーナ・フィールドへは公共の交通機関などでのアクセスは難しく、レンタカーやタクシーで向かうのが一般的。タンパのダウンタウンからだとタクシーで5分ほどの距離ですので、ダウンタウン周辺に滞在するのが便利かもしれません。スタジアム周辺は治安面で不安の残る雰囲気がありますので、試合のない日や暗くなってからは、あまり出歩かないほうが無難でしょう。

 

秋山翔吾選手

続いてご紹介するのは、埼玉西武ライオンズからシンシナティ・レッズに移籍した秋山選手。2015年にはシーズン最多安打となる216本の安打を記録し、西武が誇る安打製造機として活躍してきました。球界屈指の打撃センスに加え、強肩・俊足も魅力。まさに3拍子揃った選手と言えるでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 侍ジャパン公式 (@samuraijapan_official) on

 

所属チーム「シンシナティ・レッズ」とは?

シンシナティ・レッズは1869年に設立された最古のプロ球団で、ナショナルリーグ中地区に所属。1990年のワールドシリーズ制覇を最後に、リーグ優勝からも遠ざかっており、2019年シーズンも地区4位という成績に終わりました。

MLB全30チームの中でも、レッズは唯一日本人選手のメジャー出場が無かったチーム。田沢純一選手がレッズ傘下の3Aに所属するものの、まだメジャーでの登板はなく、秋山選手がメジャーデビューすればMLBの全チームで日本人選手がメジャー出場したことにもなります。

シンシナティ・レッズのチケットを探す

 

ホームグラウンド「グレート・アメリカン・ボールパーク」

シンシナティ・レッズのホームグラウンドは、シンシナティのダウンタウンに位置する「グレート・アメリカン・ボールパーク」。外野スタンドのすぐ後ろにはオハイオ川が流れており、都会と自然の両方が味わえる球場です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Cincinnati Reds (@reds) on

 

シンシナティのダウンタウンからスタジアムまでは歩いて15分ほど。グレート・アメリカン・ボールパークは両翼が狭いことから打者有利とされているスタジアムですので、「1番センター」としてヒットを量産する秋山選手の姿に期待しましょう!

 

山口俊選手

最後にご紹介するのは、2019年に侍ジャパンのエースとしてプレーした山口投手。横浜DeNAベイスターズから読売ジャイアンツに移籍後、思うような成績を残すことができず悔しいシーズンが続きましたが、2019年シーズンでは15勝4敗と大躍進。その勢いのまま、来シーズンからはメジャーリーグでの活躍が期待されています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Toronto Blue Jays (@bluejays) on

 

所属チーム「トロント・ブルージェイズ」とは?

山口選手が移籍したトロント・ブルージェイズは、アメリカンリーグ東地区の所属。本拠地はカナダのトロントで、現在MLB全30チームの中で唯一アメリカ国外に本拠を置くチームとしても知られています。

レギュラーシーズンは3年連続4位という成績で、特に打率面ではリーグ最下位の成績に沈んでいます。ニューヨーク・ヤンキースやボストン・レッドソックスといった強豪ひしめきあうアメリカンリーグ東地区で、来シーズンこそは上位進出を狙います。

トロント・ブルージェイズのチケットを探す

 

ホームグラウンド「ロジャーズ・センター」

ブルージェイズのホームグラウンドとなっているのが、世界初の可動式屋根を備えたスタジアムとしても知られるロジャーズ・センター。すぐ隣には「ルネッサンス・ホテル」というホテルが併設されており、スイートルームに宿泊すれば窓から試合を観戦することができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Toronto Blue Jays (@bluejays) on

 

ロジャーズセンターはトロントの街の中心部にあるため、アクセスも非常に簡単。地下鉄を利用する場合は、最寄りのユニオン駅(Union)から徒歩10分ほどでスタジアムに到着することができます。スタジアムのすぐ隣にはトロントの名物「CNNタワー」もあるので、併せて観光するのがおすすめですよ。

 

菊池涼介選手

2019年オフにメジャー挑戦を表明するも、ポスティングシステムで思うような交渉に至らなかった菊池選手。12月27日に広島東洋カープに残留することが正式に発表され、広島ファンにとっては嬉しい一報となりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 侍ジャパン公式 (@samuraijapan_official) on

 

球界トップのセカンドとして卓越した守備を見せる菊池選手。来シーズンも菊池選手の華麗な守備を観に、スタジアムへ行きましょう!

広島東洋カープのチケットを探す

 

メジャーリーグのチケットはStubHubで!

メジャーリーグのチケットをお探しの方には、MLB The Official Fan to Fan Ticket MarketplaceのStubHubがおすすめ。日本語・日本円での決済が可能なので、初心者でも安心してメジャーリーグのチケットを手にすることができます。

チケットの購入方法を事前にチェックしたという方は、こちらの記事「メジャーリーグ 白熱のポストシーズンのチケット購入方法~初心者向け徹底ガイド」を事前にチェックしてみてください。メジャーリーグの開幕戦について特集しているこちらの記事「メジャーリーグMLB2020 ~ 注目の開幕戦をチェックしよう!」もおすすめです。

 

2020年MLBでプレーする日本人選手まとめ

今回ご紹介した3選手を加えると、2020年にメジャーリーグでプレーする日本人選手は全部で11名。最後にその顔ぶれを確認しておきましょう!

アメリカンリーグ

【東地区】

  • 田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)
  • 筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)
  • 山口俊(トロント・ブルージェイズ)

【西地区】

  • 大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)
  • 菊池雄星(シアトル・マリナーズ)

ナショナルリーグ

【中地区】

  • ダルビッシュ有(シカゴ・カブス
  • 秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)
  • 田沢純一(シンシナティ・レッズ)

【西地区】

特に注目はアメリカンリーグ東地区。今まではヤンキースの田中将大選手だけでしたが、筒香選手のタンパベイ・レイズ加入、山口選手のトロント・ブルージェイズ加入により、日本人3選手が同地区でプレーすることになりました。田中投手と筒香選手の直接対決にはぜひ注目してみたいところですね。

2020年も日本人選手の活躍にぜひ期待しましょう!

メジャーリーグに関する最新ニュースは、ひき続き LineUp Magazine をどうぞ。

 

MLBメジャーリーグのチケットを探す

 

Share