「iKON JAPAN TOUR 2018」残すは京セラドーム大阪2days公演のみ - ツアー日程・ライブ/コンサート・アルバム・新曲情報
stubhub - January 30, 2019

「iKON JAPAN TOUR 2018」残すは京セラドーム大阪2days公演のみ - ツアー日程・ライブ/コンサート・アルバム・新曲情報

ライブ,コンサート,ライブ,大衆

8月より「iKON JAPAN TOUR 2018」を展開中のiKON (アイコン)。残すは12月22日・23日の大阪・京セラドーム大阪で開催される2days公演のみとなった。

 

12月22日・23日、京セラドーム大阪にて2daysのツアーファイナル公演を開催

単独ツアー「iKON JAPAN TOUR 2018」を展開中のiKON。

8月24日の福岡公演でスタートしたツアーは、東京・横浜・名古屋など全国の主要5都市を回り、残すは12月22日・23日の大阪で開催される京セラドーム大阪公演のみとなった。

 

 

12月22日・23日のツアーファイナルとなる京セラドーム大阪公演では、スペシャルステージも準備していると公表。

他のアリーナやホール会場では見られなかった、アリーナをクロスする花道を取り入れ、ファンのより近くでパフォーマンスできる予定だ。

当初、5都市17公演で計20.6万人以上の動員数を見込んでいたが、9月4日の愛知・ドルフィンズアリーナ公演のみ台風のため中止に。

 

11月6日、7日には、東京・日本武道館にて2days公演を開催。

7日のコンサートには1万3000人のファンが詰めかけ、1曲目から盛り上がりを見せた。

「DUMB & DUMBER」や「MY TYPE」を含んだヒット曲に続き、アルバム「RETURN」や「NEW KIDS : CONTINUE」の収録曲を主に披露。

ニューミニアルバム「NEW KIDS : THE FINAL」からは、リード曲「GOODBYE ROAD」韓国バージョンを日本初披露した。
10月1日に世界同時配信され、25カ国のiTunesチャートでNo.1に輝いた曲だけに、歓声が湧き上がった。

ライブ中にはファンの大合唱もあり、会場との一体感が感じられるコンサートに。

アンコールも2回行い、日本武道館公演は大いに盛り上がって終了した。

 

千秋楽の京セラドーム大阪公演に、一層の期待がかかる。

 

「iKON JAPAN TOUR 2018」日本武道館公演セットリスト

大盛況で幕を閉じた日本武道館公演のセットリストを、以下にご紹介しよう。 

  1.  
  2. KILLING ME
  3. BLING BLING
  4. RHYTHM TA
  5. COCKTAIL
  6. ONLY YOU
  7. MY TYPE
  8. DON’T FORGET
  9. TENDAE
  10. ONE AND ONLY
  11. ANTHEM
  12. B-DAY
  13. HUG ME
  14. JEAK
  15. BESTFRIEND
  16. EVERYTHING
  17. LOVE SCENARIO
  18. GOODBYE ROAD
  19. DUMB&DUMBER
  20. FREEDOM

アンコール

  1. LONG TIME NO SEE
  2. JUST ANOTHER BOY
  3. B-DAY
  4. JERK

アンコール

  1. SINOSIJAK REMIX
  2. DUMB&DUMBER

 

 

次世代モンスターグループ

K-popで注目度ナンバーワンの若手、iKON

BIGBANGの弟分であり、絶好調のボーイズグループだ。

iKONの名には「韓国の象徴(アイコン)」という想いが込められ、まさに韓国の期待の星。

2015年のデビュー以降、猛烈な勢いで成功への階段を駆け上ろうとしている。

日本での活動も、精力的に行っている彼ら。

来日公演を積極的に行い、日本ドームツアーは海外アーティストでは最速で開催した。

メンバーは日本語が話せ、特にジナンは流暢な会話が可能だ。

YGオーディション企画で落選し、後の「MIX & MATCH」にて悲願のデビューを成し遂げたiKON。

今では「次世代モンスターグループ」と呼ばれるまでに成長し、ライブチケットの入手困難なk-popグループとして知られるようになった。

iKON メンバーは7人。

リーダーのB.I、ジナン、BOBBY(バビ)、ユニョン、JU-NE(ジュネ)、ドンヒョク、チャヌだ。

高い実力とエンターテイメント性たっぷりのライブは、多くのファンがiKONを支持する理由の一つだ。

 

 

 

 

iKON (アイコン)に関する最新ニュースは、ひき続き LineUp Magazine をどうぞ。
 

Share