バックストリート・ボーイズ、6年ぶり待望の来日ツアー2019 開催【Backstreet Boysツアー2019最新情報】
stubhub - May 30, 2019

バックストリート・ボーイズ、6年ぶり待望の来日ツアー2019 開催【Backstreet Boysツアー2019最新情報】

【更新】10月12・13日「さいたまスーパーアリーナ」、10月16日「大阪城ホール」にてライブを開催



バックストリート・ボーイズ, Backstreet Boys

バックストリート・ボーイズが、ついに待望の来日ツアー2019を開催する。6年ぶりとなる今回の日本ツアーは、10月12・13日に「さいたまスーパーアリーナ」、10月16日には「大阪城ホール」にてライブを行う。

【最新情報】10月に待望の来日ツアー開催

ニューアルバム「DNA」で大復活を遂げたバックストリート・ボーイズが、待望の来日ツアーを開催する。

この日本ツアーは、最新作「DNA」を引っ提げた5月から始まるワールドツアー2019の一環で行われるものだ。

10月12・13日に「さいたまスーパーアリーナ」10月16日には「大阪城ホール」にてライブを行う。

最後に来日ツアーが開催されたのは、2013年だ。

同じ年にリリースしたアルバム「In a World Like This」を披露する内容だった。

これまで3度のドーム・ツアーも含めた計6度の来日ツアーでは、70万人以上の通算動員数を記録している。

一時期は人気低下で解散の危機にも見舞われたが、今、新作アルバム「DNA」大ヒットとワールドツアー2019で再び脚光を浴びているバックストリート・ボーイズ。

1月にはプロモーションのため来日し、日本での根強い人気を世間に知らしめることに。

多くのファンからは、来日コンサートを望む声も強まっていた。

6年ぶりの来日公演とあって、ファンからの期待が大いに膨らんでいる。

Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)チケット

 

ワールドツアー2019

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Backstreet Boys (@backstreetboys) on

 

バックストリート・ボーイズは、2019年にワールドツアーを開催する。

最新アルバム「DNA」もリリースされ、新作アルバムを引っ提げてのワールドツアーだ。

あるインタビューではすでにUKツアーを行うと発表し、テイク・ザットとのコラボする考えもあると述べた。

スパイスガールズとのジョイントツアーの可能性も語っている。

バックストリート・ボーイズのメンバーが、スパイスガールズに変装して行ったクルーズコンサートの様子は、その話がより一層現実味を帯びてきた何よりの証拠だろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Backstreet Boys (@backstreetboys) on

 

バックストリート・ボーイズは現在、ラスベガスにて「Larger Than Life」常設コンサートを展開中だ。

このラスベガス公演が4月まで続くため、ワールドツアー開始は5月からとなる。

2017年3月から2019年4月まで続く常設コンサートは、グループ結成25周年記念として行っており、ラスベガス史上最も成功したコンサートとなっている。

 

 

ワールドツアー日程を発表

バックストリート・ボーイズが、ワールドツアー日程を発表した。
ヨーロッパツアーを、2019年5月11日のポルトガル・リスボン公演を皮切りにスタート。6月25日にブダペスト・ハンガリーで幕を閉じる。

続いて、7月12日に北米・カナダツアーを開始。米ワシントンDC公演からスタートし、9月15日に米ニュージャージー州・ニューアーク公演で日程を終える予定だ。

詳しい日程は、StubHub.JP イベントページにてチェックしてみよう。

Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)チケット

25周年を迎え、最新アルバム「DNA」で大復活を遂げたバックストリート・ボーイズ。

世界中のファンが待ち焦がれているワールドツアー2019の動きに、目が離せない。

 

新曲「Chances」を11月9日にリリース

バックストリート・ボーイズは、ニューアルバムからの2ndシングル「Chances」を11月9日にリリースした。

 

新曲「Chances」のミュージック・ビデオを公開。

 

 

今年5月には、同じく新作アルバムからのリードシングル「Don't Go Breaking My Heart (ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート)」を発売している。

この新曲は、米iTunesで総合1位を獲得。

日本iTunesでもポップ・チャートにてNo.1に輝いた。

 

バックストリート・ボーイズ、第61回グラミー賞にノミネート

5年振りとなるバックストリート・ボーイズの新曲「ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」が、第61回グラミー賞にノミネートされた。

ノミネートされた部門は、「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」だ。

 

 

ニューアルバム「DNA」国内盤CD、2019年1月23日に日本先行リリース

新曲を今年2本もリリースするバックストリート・ボーイズだが、この2曲が収録された新作アルバム「DNA」の国内盤CDが、世界に先駆けて1月23日にリリースされた。

配信版アルバムは、1月25日に発売となった。

今回のニューアルバムは10枚目のスタジオアルバムで、2013年の前作「In a World Like This」からおよそ5年ぶりのリリースとなる。

 

「DNA」が米ビルボード200で初登場1位に

1月25日に世界リリースされた最新アルバム「DNA」が、米国のアルバムチャートの「ビルボード200」で初登場No.1に輝いた。

バックストリート・ボーイズが同チャートで1位を記録したのは、2000年リリースの「ブラック&ブルー」以来18年ぶりだ。
 

来日ファン・イベント開催。TV出演も。

バックストリート・ボーイズが、来日ファン・イベントを行った。

「Japan Fan Event: DNA - Special Talk Live」と題されたこのイベントは、1月19日に東京ミッドタウンにて開催された。

同じ日に、完全招待制のもう1つのファン・イベント【Japan Fan Event: DNA  -  Premium】も企画された。

TVにも出演した彼ら。

1月18日に、テレビ朝日系「ミュージックステーション 2時間スペシャル」に出演。
そして、1月22日には日本テレビ系「スッキリ」で生パフォーマンスを行った。

これまでのヒット曲と、発売直前の最新アルバム「DNA」からのシングル曲を披露した。
 

来日インタビューの動画を公開

プロモーションでの来日中、バックストリート・ボーイズはTVGrooveのインタビューに応じた。

1990年代から第一線で活躍を続ける彼ら。

25周年活動を続けてきた感想や、新作までの長い道のりの過程の他、ワールドツアー2019、ファンのこと、プライベートについても語った。

 

 

数々の名曲を送り出してきたバックストリート・ボーイズ

95年のアメリカデビューから25年。

BSBことバックストリート・ボーイズは、ニック、ハウィー・D、A.J.、ブライアン、ケヴィンのメンバー5人からなるスーパーボーイズ・グループだ。

デビューから、全米1位になったアルバムは3作品。

世界のトータル・セールスは1億4,000万枚、日本だけでも700万枚にも上る。

世界中に熱狂的ファンが存在し、日本でも根強い人気を誇っている。

大ヒットアルバム「Millennium (ミレニアム)」と「Black & Blue (ブラック・アンド・ブルー)」は、彼らの人気を確かなものにした。

代表曲に、「I Want It That Way (アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ)」や「As Long as You Love Me (君が僕を愛するかぎり)」「Everybody」がある。

「I Want It That Way (アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ)」

 

「As Long as You Love Me (君が僕を愛するかぎり)」

 

「Everybody」

 

バックストリート・ボーイズに関する最新ニュースは、ひき続き LineUp Magazine をどうぞ。
 

Share