待望のマドンナ来日ライブ2018は実現するか - ツアー日程・ライブ/コンサート・セットリスト・アルバム・新曲情報
stubhub - December 11, 2018

待望のマドンナ来日ライブ2018は実現するか - ツアー日程・ライブ/コンサート・セットリスト・アルバム・新曲情報

【更新】ニューアルバムは2019年リリース予定
Madonna,マドンナ

今年8月に60歳を迎えたマドンナ。彼女のショーは、今もポップ界の女王現役であることを印象付けている。最近のコメントでも、2018年は精力的に活動を継続するとのこと。ニューアルバムやツアーについてもほのめかしている。すでにスタジオ入りし、新作アルバムでコラボする人物も明らかに。

【最新情報】 ニューアルバムは2019年リリース予定

2018年、待望のマドンナ・ワールドツアーは実現するか

近ごろ大忙しのMadonna。プライベートでは去年新たに養子を迎え、仕事では2018年に復帰し、ツアー開催や新アルバム・リリースも近いと噂されている。

ツアーやニューアルバムの情報は、アンダーソン・クーパーによるインタビューで明らかになった。

ファンへのサービス精神旺盛な彼女は、新しいツアーの準備を認め、「2018年は戻ってくるわよ、ベイビー!あなた達のためにがんばるわ!」と言い切った。

来日ライブを待ち焦がれているファンにとって、最高のニュースだ。

2017年はコンサートを行わなかったため、待望のツアーで組まれるセットリストの予想は困難を極める。

大ヒットした「Express Yourself」、「Like a Prayer」、「Rebel Heart」は当然含まれるとして、やはり期待されるニューアルバムからの曲を中心に選曲すると考えられる。

最近生出演のショーでは新曲を披露したが、期待される新作アルバムに収録されるかはまだ不明。

公の前に姿を現すたび、正真正銘のポップ界の女王であることを強く印象づけるマドンナ。メット・ガラ 2018で行われたパフォーマンスの動画でも、女王健在の様子がうかがえる。

 

A post shared by Madonna (@madonna) on

 

インスタやツイッターを含めたSNSでは、ワールドツアー正式発表を待ちきれないファンたちの様子が。

 

マドンナ、2018年中にニューアルバムをリリース?

【最新情報】
マドンナは、10月1日に公開されたWWDのインタビューにおいて、新作アルバムのリリースは2019年を目指していると語った。
 

詳細はまだ明らかにしていないが、マドンナはすでにスタジオ入りし、新作準備中と公言。

新曲なのか、あるいはニューアルバムのカバーデザインなのかは不明だが、「Beautiful Game」と題された画像がSNSにアップされた。

 

タグ付けされた「Mirwais」は、Madonna のアルバム「ミュージック」、「アメリカン・ライフ」、「コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア」のプロデューサーとしても知られている。

2018年にニュー・アルバムがリリースされると、通算14枚目のアルバムとなる。

マドンナは復帰した喜びを表しており、近頃はインスピレーションにジャンルの違った音楽も聴いていると述べている。

新作アルバムリリースというプロジェクトを進めるにあたり、その方向性を決め、コラボメンバーも選出しなければならない彼女。

新作では、歌詞のシンプルさと親密さを強調する意向のようだ。

マドンナの新アルバムでコラボする人物情報もすでにあり、現在決まっているのがスターラー(Starrah)。

彼女はリアーナの「Needed Me」、ケイティ・ペリーの「Swish Swish」、カルヴィン・ハリスの「Feels」、カミラ・カベロの「Havana」などでも共作を手掛けている。

現時点でコラボが明らかなのはスターラーのみだが、マドンナの勢いからすると、彼女の中ではほぼ決まったようだ。

ファンの間では「Mirwais」とのコラボが噂されていたが、それも確認済みだ。

 

A post shared by Madonna (@madonna) on

 

この他にも、カナダのプロデューサー「Billboard」(またの名をMathieu Jomphe)がマドンナとスタジオで作業する様子をSNSで伝えており、彼もまたコラボする人物として認識されている。

彼はマドンナの「Rebel Heart」や「Ghosttown」を手掛けた人物で、ブリトニー・スピアーズの「Hold It Against Me」、「Inside Out」、「Till The World Ends」でもコラボした。

さらに最新情報では、新作アルバムのコラボメンバーに、ポルトガルのアーティストも数人加える意向があると伝えている。

Madonnaはリスボン在住だが、新曲はポルトガルとその植民地であったアンゴラ音楽の影響を受けているとのこと(ファドスとクドゥロスも典型的なポルトガル音楽で知られている)。

彼女は、リスボンの街で音楽がどこからともなく流れてくる様子に、キューバ滞在時期のことを思い出すと語った。

音楽に触れる機会の多さ故、ジャズ・ミュージシャンも含めた現地アーティストとのコラボが実現できたと述べている。

新アルバムがリリースされれば、話題沸騰まちがいなしだ。
 

 

現在明らかにされている内容から、歌姫マドンナの新作がかなり表面化してきたが、それでもファンにとっては情報不十分だろう。

マドンナがスタジオ入りしてから、ファンたちは地に足がつかないようだ。彼女はついに「落ち着きなさい!」というメッセージを発信する始末。

この「落ち着け」というファンへのメッセージには、ある動機が裏にある。

ポップ界のスーパースター・マドンナは、現在音楽とは別のプロジェクトにも没頭中。実は、バレリーナ、ミケーラ・デプリンスの人生を描いた「Taking Fire」という映画のプロジェクトを進行中でもあるのだ。

映画の主人公は、シエラレオネの戦争と同じくらい複雑な状況で、ダンサーになるため大変な努力をしたとか。

アーティストとして、また人として、ミケーラから深くインスピレーションを受けたため、このテーマを選んだと語っている。

マドンナに関する最新ニュースは、ひき続きLineUp Magazineをどうぞ。
 

Share