【BTS ツアー2018~2019 最新情報】BTS (防弾少年団) 初の日本ドームツアー2018展開中
stubhub - January 11, 2019

【BTS ツアー2018~2019 最新情報】BTS (防弾少年団) 初の日本ドームツアー2018展開中

【更新】】BTS「DNA」ミュージックビデオ、K-POPグループ初の再生回数6億回を突破。
BTS, BTSメンバー

全世界から注目をあびる韓国のスーパースター、BTS  (防弾少年団)。バンタンの名で親しまれ、今や韓国を代表する K-pop アイドルグループとなった。ワールドツアー「BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF' 」を開催しているBTSは、現在来日ツアーを展開中。アジア4地域での8公演も控えている。

【最新情報】BTS「DNA」ミュージックビデオ、K-POPグループ初の再生回数6億回を突破。

世界中で話題沸騰中のK-pop。アジア圏のみならず、南米や欧米諸国まで大人気だ。
そこで今回、StubHubでは注目のK-popアーティストを選んで、人気投票を実施した。
17000人を超えるスタブハブユーザーが、ベストK-POPグループに投票。結果はこちら。

K-pop投票

ここでは、大人気 BTS (防弾少年団) のツアー情報やアルバム・新曲など、BTS関連の最新ニュースをお届けしよう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by BTS official (@bts.bighitofficial) on

 

BTS (防弾少年団)、 「LOVE YOURSELF」ワールドツアー 2018

世界中で爆発的人気のBTSは、「LOVE YOURSELF」と題するワールドツアーを展開中だ。

8月25日のソウル公演を皮切りにすでに韓国・北米・カナダ・ヨーロッパを廻り、10月20日のパリ公演まで、12都市24公演を開催した。

以下は、ロンドン公演にて撮影された動画。

 

11月から2019年1月にかけては、来日ツアーを開催する。

「BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF' ~JAPAN EDITION~ 」と題する今回のジャパン・ツアーは、現在開催中のワールドツアーの一環で、初のドームツアーとなる。

日本においては全4都市9公演を行い、東京を初め、名古屋・大阪・福岡と各都市のドームを廻る。

11月から始まるこの日本ドームツアーだけでも、約380,000人 が来場する見込みだ。

 

 

日本ドームツアーの日程と開催場所

日本ドームツアーの日程と開催場所は次の通り。

BTS WORLD TOUR 2018、アジア4地域8公演を追加

10月10日、所属事務所はBTSのアジア4地域での追加公演を発表した。
 
● 2018年12月8日、9日: 台湾・桃園「桃園国際野球場」

● 2019年1月19日: シンガポール「ナショナルスタジアム」

● 2019年3月20日、21日、23日、24日: 香港「アジアワールド・エキスポ」

● 2019年4月6日: タイ・バンコク「ラジャマンガラ・スタジアム」
 
この発表でBTSは、「LOVE YOURSELF」ワールドツアーにて計20都市・41公演を開催することになった。

 

「LOVE YOURSELF」ワールドツアー2018、日本公演のセットリストは?

11月14日に東京ドーム公演が開催され、セットリストが明らかになった。

  1. IDOL
  2. Save Me
  3. I’m fine
  4. Magic Shop
  5. Just Dance
  6. Euphoria
  7. I NEED U
  8. RUN
  9. Serendipity
  10. LOVE
  11. DNA
  12. Dope
  13. GOGO
  14. Blood Sweet&Tears
  15. Boyz with Fun 
  16. FIRE
  17. AirplanePt.2
  18. Singularity
  19. FAKE LOVE
  20. Seesaw
  21. Epiphany
  22. The Truth Untold
  23. Tear
  24. MIC Drop

アンコール

  1. So What
  2. Anpanman
  3. Answer: Love Myself

 

来日ツアー前に、9枚目のニュー・シングル「FAKE LOVE/Airplane pt.2」をリリース

ジャパン・ツアー直前の11月7日、BTSは日本9thシングル「FAKE LOVE/Airplane pt.2」を発売した。

新作シングルには、5月に韓国にて発売されたアルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」からの大ヒット曲「FAKE LOVE」と「Airplane pt.2」を日本語バージョンにて収録。

BTSオフィシャルサイトでは、全形態ジャケット写真が公開されている。

 

「FAKE LOVE -Japanese ver.-」、世界38の国と地域の iTunesチャートにて1位に輝く

10月16日、「FAKE LOVE -Japanese ver.-」の先行配信が主要音楽サイトよりスタートし、世界38の国と地域の iTunesチャートで1位の座に輝いた。

「FAKE LOVE -Japanese ver.-」は11月7日に発売されたニューシングル「FAKE LOVE/Airplane pt.2」からの楽曲で、世界同時に先行ダウンロード配信された。

 

このニューシングル発売に合わせ、「Airplane pt.2 -Japanese ver.-」のミュージック・ビデオも公開された。

 

日本オリジナルとしては、4月4日にて3枚目のスタジオ・アルバム「FACE YOURSELF」もリリースしている。

初週で28.2万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキングで初登場1位に輝いた。

アルバム「FACE YOURSELF」には、世界中で大ヒットした楽曲に、日本制作楽曲を含む新録4曲を収録している。

iTunesアルバムチャートにて77の国と地域で1位を記録した「LOVE YOURSELF 承 'Her'」に続くアルバムとして、同じく“YOURSELF”と付けた。

 

 

【最新情報】BTS、エド・シーランとのコラボ・プロジェクトが進行中。

人気歌手のエド・シーランは、英国メディアHeat Worldからのインタビューにて、BTSとコラボする可能性のある曲を書き終えたことを明らかにした。

「現在、BTSが手を加えているところだと聞いている」とも語っている。

これはインタビューの中で、ファンからの投稿にエド・シーランが答えた形で明らかになった情報だ。

BTSが大好きだというエド・シーラン。

これまでにもビヨンセやテイラー・スウィフト、エミネムともコラボしたことがあり、今回のBTSとの共作にも期待がかかる。

エド・シーランについては、こちらの記事も要チェック。
エド・シーラン (Ed Sheeran) 、世界最大規模のワールドツアー「÷(ディバイド)」展開中 - ツアー・ライブ・アルバム・新曲情報

 

BTSと人気DJ&音楽プロデューサー、スティーヴ・アオキが再びコラボ。

BTSと人気DJ&音楽プロデューサー、スティーヴ・アオキが再びタッグを組み、新曲「Waste It On Me」をリリースする。

この新曲は、スティーヴ・アオキが11月9日にリリースするアルバム「Neon Future III」に収録される見込み。

「Waste It On Me」のリリックビデオも公開されている。

 

 

ニッキー・ミナージュとのコラボ曲「IDOL」も公開

 

 

世界的な大ヒット「LOVE YOURSELF」シリーズ

「LOVE YOURSELF」というテーマのもとに制作された「LOVE YOURSELF」シリーズは、世界的大ヒットを記録した。

このシリーズには「起・承・転・結」という4つのテーマが存在する。

以下にシリーズ詳細をまとめてみよう。
 

「Euphoria : Theme of LOVE YOURSELF 起 'Wonder'」

シリーズの「起」にあたり、始まりを意味している。

2018年4月5日に、アルバムではなく8分52秒の画像で公開した。

 

 

「LOVE YOURSELF 承 'Her'」

シリーズの「承」にあたり、愛のときめきをコンセプトとしている。

2017年9月、韓国にて5枚目のミニアルバムとして発売された。

ザ・チェインスモーカーズとのコラボ楽曲「Best Of Me」や、ヒップホップナンバー「MIC DROP」、タイトル曲「DNA」を含む全11曲を収録している。

アルバム・セールス枚数は120万枚を突破し、全米チャート「ビルボード 200」では初登場で7位に。

ビルボード「Hot 100」では初登場85位、2週目には順位をあげ67位にランクインし、当時のK-popグループ最高位を記録した。

 

「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」

シリーズの「転」にあたり、仮面を被った愛の終わりと別れをコンセプトにした、BTS 3枚目のスタジオ・フルアルバム。

2018年5月18日にリリースされ、韓国においては14日間で166万枚のセールスを記録した。

また全米チャート「ビルボード 200」では、アジア圏出身のアーティスト初の1位を獲得している。

タイトル曲「FAKE LOVE」は、ビルボード「Hot 100」で10位にランクイン。

BTSは、ビルボード・ミュージック・アワード2018のパフォーマンスにて、「FAKE LOVE」を初披露している。

 

「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」

シリーズの最終章「結」にあたり、仮面を脱いで、真実の自分と向き合う姿をコンセプトとしている。

8月24日に韓国で発売された、BTS 最新作のコンピレーションアルバムだ。

9月2日、全米チャート「ビルボード 200」にて、アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」に続く今年2度目の1位を獲得。 

米ニューヨークタイムズはK-POP史上初の快挙と大絶賛し、韓国首相も祝いの言葉を伝えている。

9月17日には、オリコン週間アルバムランキングでも1位の座に輝いた。

 

BTSヒット曲は? ライブの前にはおさらいを!

来日公演には、ぜひBTSの代表曲をおさらいして参戦したい。
防弾少年団の人気曲を以下に挙げてみよう。

「DNA」

【最新情報】BTS「DNA」ミュージックビデオ、K-POPグループ初の再生回数6億回を突破。

 

「FIRE」

 

「DOPE 」

 

BTSの代表曲に関しては、以下の記事も見てみよう。
BTS (防弾少年団) の人気曲 ベスト10

 

ミュージック・アワードでの受賞

BTSの実力は、数々のミュージック・アワードでの受賞が証明している。

「ビルボード・ミュージック・アワード2018」

5月に開催されたアメリカ3大主要音楽祭の一つ「ビルボード・ミュージック・アワード2018」では、「トップ・ソーシャル・アーティスト賞」を受賞。

K-POPグループとして初めて、同アワードにてライブパフォーマンスを披露した。

 

「MTV VMAJ 2018」

9月には「MTV VMAJ 2018」にて、「FAKE LOVE」のミュージックビデオが「最優秀洋楽グループビデオ賞」を受賞。

「MTV VMAJ」は年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード。

伝統ある米国「MTV VIDEO MUSIC AWARDS」の日本版で、アートな側面やテクニカルな観点からも受賞作品を決定している。
 

「アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Awards of 2018)」

10月9日、「アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Awards of 2018)」にて、BTSは「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト(Favorite Social Artist)」を受賞した。

当部門での受賞は、韓国アーティストでは初の快挙となる。

アメリカン・ミュージック・アワードは、ビルボード・ミュージック・アワード、グラミー賞と並ぶ、アメリカの3大音楽賞の一つだ。

BTSはワールドツアーでロンドン滞在中のため、アメリカ・ロサンゼルスで行われた授賞式には出席できなかったが、ファンには映像で感想の気持ちを伝えた。

 

BTS、グラミー賞にノミネート。韓国アーティスト初の快挙

BTSが、アメリカでもっとも権威のある音楽祭グラミー賞にノミネートされた。

韓国アーティストでは初の快挙だ。

全米1位に輝いたアルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」のパッケージのデザインが評価され、「ベスト・レコーディング・パッケージ賞」にノミネートされている。

パフォーマーとして他の部門でのノミネートも期待されたが、いずれにせよ、韓国史上初の快挙であることには変わりない。
 

 

「MGAアウォーズ」の授賞式でチャーリー・プースと共演

11月6日、韓国で行われた「MGAアウォーズ」の授賞式にて、チャーリー・プースと共演した。

 

チャーリー・プースに関する情報は、以下の記事もチェックしてみよう。
Charlie Puth (チャーリー・プース) 来日ツアー「VOICENOTES」2018、東京での追加公演も決定 - ツアー・アルバム・新曲情報

 

全世界が注目、K-pop超人気アーティストBTS (防弾少年団)

全世界で大ブレイク中の韓国超人気アーティスト、BTS (防弾少年団)。

愛称「バンタン」の名で親しまれ、K-popを代表するグループだ。

ファンは「ARMY (アーミー)」と呼ばれており、ファンクラブ名にもなっている。

日本においては、2014年6月4日リリースの日本語版シングル「No More Dream」にて、デビューを果たした。

デビュー以降、コンスタントにシングル・アルバムをリリースしている。

BTSは、ラップモンスター、JIN(ジン)、SUGA(シュガ)、J-HOPE、JIMIN(ジミン)、ブイ(v)、ジョングクの7人からなる男性ヒップホップグループ。

それぞれ個性の光る7人だが、グループとしての団結力も強い実力派アーティスト集団だ。

抑圧や偏見をぶち壊す勢いのアグレッシブなライブパフォーマンスは、多くのファンから支持されている。

各メンバーのプロフィールは、こちらの記事もチェックしてみよう。
BTSメンバー、プロフィールおさらい

BTSに関する最新ニュースは、ひき続きLineUp Magazineでどうぞ。
 

Share