BLACKPINK、東京・大阪・福岡3大ドーム公演開催【ブラックピンク・ワールドツアー2019最新情報】
stubhub - May 28, 2019

BLACKPINK、東京・大阪・福岡3大ドーム公演開催【ブラックピンク・ワールドツアー2019最新情報】

BLACKPINK,ブラックピンク,ライブ,コンサート

BLACKPINK (ブラックピンク)の勢いが止まらない。
現在初のワールドツアーを展開しているBLACKPINKは、アジア・北米・ヨーロッパ・オーストラリアの各地を廻るツアーを7月まで続行する。
8月にはサマーソニック初参戦、今年12月から来年2月にかけては、東京・大阪・福岡で開催される初の3大ドーム公演も決まった。
 

【最新情報】東京・大阪・福岡にて、初の3大ドーム公演開催

東京・大阪・福岡にて、初の3大ドーム公演開催

BLACKPINKは、今年12月から来年2月にかけて、デビュー後初の3大ドーム公演「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA in JAPAN」を開催する。

この3大ドーム公演は、現在開催されている初のワールドツアーの一環で行われるもの。

12月4日に東京ドーム、2020年1月4日・5日に京セラドーム大阪、2月22日には福岡ヤフオク!ドームと、3都市全4公演を行う予定だ。
 

Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)チケット

 

BLACKPINK、サマーソニックに初参戦

 BLACKPINKが、日本最大級の大型音楽フェス「サマーソニック (サマソニ) 2019」に初参戦する。

来日ライブは、8月18日の「SUMMER SONIC 2019」千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ会場にて開催される。

今回のサマソニは、20周年を記念して8月16日・17日・18日と10年ぶりに3日間で行われ、例年通り東京と大阪での同時進行で開催される。

Red Hot Chili Peppers、The Chainsmokers、B’z、をヘッドライナーに、多くの超有名、実力派アーティストが出演する予定だ。

 

初のワールドツアー2019開催中

BLACKPINKは現在、ワールドツアー2019「In Your Area」の真っ只中だ。

初のワールドツアーは、アジア地域からスタート。

今年1月11日のバンコク公演を皮切りに、ジャカルタ、香港、マニラ、シンガポール、クアラルンプールを廻り、3月3日に台北でアジアツアーを閉幕した。

その後、4月から5月にかけては北米とヨーロッパでツアーを展開し、6月から7月にかけてはオーストラリア・ニュージーランドに続いて、再びアジアでコンサートを開催する予定だ。

ワールドツアー2019の日程と会場の詳細は、StubHub.JP イベントページにてチェックしてみよう。
 

Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)チケット

 

ワールドツアー2019「In Your Area」セットリスト

現在、ワールドツアー2019「In Your Area」開催中のBLACKPINK。

このワールドツアーの、気になるセットリストをご紹介しよう。

以下のセットリストは、2月23日・24日に開催されたマレーシア公演のもの。
火薬やレーザー、霧などの特殊効果で、きらびやかに始まった。

大ヒット曲「DDU-DU DDU-DU」や、「FOREVER YOUNG」「WHISTLE」でオープニングを盛り上げ、地元ファンは大熱狂となった。

  1. DDU-DU DDU-DU
  2. Forever Young
  3. Stay
  4. Whistle
  5. Clarity
  6. Take Me / Swalla
  7. Let It Be / You & I / Only Look At Me
  8. Solo
  9. Kiss and Make Up
  10. So Hot
  11. Playing with Fire
  12. Really
  13. See U Later
  14. 16 Shots
  15. BOOMBAYAH
  16. As If It's Your Last
    Encore
  17. DDU-DU DDU-DU
  18. Stay

 

 

 

新曲「Kill This Love」のMVが再生回数3億回を突破

新曲「Kill This Love」のミュージックビデオ (MV) が再生回数3億回を突破したことで、K-POPグループ史上最速のスピードと話題を呼んでいる。

前曲「DDU-DU DDU-DU」のMV記録を、2倍以上のスピードで達成した。

4月4日に公開された「Kill This Love」MVの現在の再生回数は3億6000ビューに達し、記録を伸ばし続けている。

 

 

「DDU-DU DDU-DU」、YouTube MV再生回数8億回を突破

「DDU-DU DDU-DU」が5月11日に8億ビューの新記録を打ち立てた。

昨年の6月15日公開から329日で達成した記録だ。

単一MVでは、この記録はK-pop史上初。

 

シングル「DDU-DU DDU-DU」は、2018年6月15日に韓国にて発表のミニアルバム「Square Up」のリードシングルとしてリリースされた。

日本語バージョンもリリースされている。

同年7月23日に日本の音楽配信サイトにて先行配信し、8月22日には日本語版シングルCDを発売した。

 

 

コーチェラ2019の観客反応、予想よりもすごかった

4月にカリフォルニア州で開催されたフェスティバル・コーチェラ2019へ出演したBLACKPINK。

12日と19日にステージに上がり、そのパフォーマンスの高さが話題となった。

BLACKPINKが米人気ラジオに出演した際、メンバーのロゼは「こんなに多くの人々が私たちを見に来てくださったのかと驚いた。信じられなかった。予想よりも反応がすごかった」と語っている。

コーチェラ2019では約1時間にわたって歌って踊り、代表曲の「DDU-DU DDU-DU」「Kill This Love」など計13曲を歌い上げた。

大いに盛り上がったステージは、BLACKPINKへの注目度をさらに押し上げた。

 
 

 

BLACKPINK ARENA TOUR 2018

BLACKPINKは2018年に日本でもツアーを開催し、大成功を収めている。

BLACKPINK の「ARENA TOUR 2018」ジャパン・ツアーは、7月24日の大阪城ホールを皮切りに、大阪・福岡・千葉にて公演を終え、12月24日の追加公演「京セラドーム大阪」で幕を閉じた。

クリスマスイブに行われた海外女性グループ史上初の京セラドーム公演では、5万人が熱狂。

サンタの衣装も披露し、大ヒット曲が満載のライブステージをパフォーマンスした。

 

このツアー全3都市8公演での総動員数は、約125,000人。

世界中の期待が高まった同来日ツアーは、各会場全てソールドアウトとなった。

韓国を含め今回が初ツアーとなったが、大盛況のうちに終了した。

 

全世界が注目、BLACKPINK

ブルピンの愛称で親しまれるK-popアーティスト、BLACKPINK。

2016年、韓国のYGエンターテインメントより結成されて本国でデビューした。

その翌年、日本においてもメジャーデビューを果たす。

ラップやヒップホップも本格的で、実力派のアーティストだ。

メンバーはリードボーカルのジス、メインラッパーのジェニ、メインボーカルのロゼ、メインダンサーのリサと、1人ひとりの持ち味が光る4人組。

「BLACK」なクールさと「PINK」なキュートさを持ち合わせるガールズグループで、韓国のみならず、日本でも抜群の人気を誇る。

新たなファッション・リーダーとして「NYLON JAPAN」や「JJ」を始めとする一流ファッション雑誌の表紙も飾り、CM出演や資生堂のイメージモデル、ネスレ「キットカット」アンバサダーなど、日本での知名度も確実に上げている。

昨年夏からは、ジャパン・ツアー「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」を開催し、12万5,000人を動員する大盛況を記録した。

現在は初のワールドツアーを展開中で、全世界から熱い視線を受ける。

米国名門レーベルである「Interscope Records」とも契約したBLACKPINKは、北米でのテレビ番組におけるプロモーションも積極的に行っている。
米の深夜トークショー「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア (The Late Show with Stephen Colbert)」で米国デビューを果たし、続いて「グッドモーニング・アメリカ (Good Morning America)」に出演。
現地の視聴者に、強く印象付けた。

これまでにリリースした楽曲は、全てスマッシュヒットを記録。
最新シングル「DDU-DU DDU-DU」が7億回以上の再生を達成するなど、脅威の記録を打ち立てている。

代表曲には「DDU-DU DDU-DU」の他、デビュー曲「BOOMBAYAH」や「WHISTLE」「AS IF IT'S YOUR LAST」などがある。
 

「BOOMBAYAH」

 

「WHISTLE」

 

「AS IF IT'S YOUR LAST」

 

BLACKPINKに関する最新ニュースは、ひき続き LineUp Magazine をどうぞ。
 

Share