蝶々夫人

安心・簡単に利用できるStubHubで蝶々夫人のチケットを確保しましょう!
只今StubHubでは日本でも馴染み深い蝶々夫人のチケットを多数取り扱っています。

 確実性があるオンラインの市場を構築しているStubHubなら、どなたでも安全かつ簡単にご希望通りのチケットを購入する事ができます。下記の一覧からお好きな一枚を選んで下さい。

蝶々夫人は原作ジョン・ルーサー・ロングの短編小説「蝶々夫人」とこれを戯曲化したデーヴィッド・ベラスコの「蝶々夫人」、台本ジュゼッペ・ジャコーザとルイージ・イッリカ、作曲は ジャコモ・プッチーニが手掛け1904年にイタリアミラノのスカラ座で初演が行われました。

皆さん既にご存知の通り、蝶々夫人は九州・長崎を舞台にしたオペラ作品です。
プッチーニはこのオペラの原作の戯曲をロンドンで初めて観た時、戯曲の悲劇性に加え、主人公蝶々の純粋な心に強く魅力を感じました。
日本が舞台という事もあって、曲の随所に「さくらさくら」や「君が代」などの旋律も含まれており、到来のクラシック音楽とは一味違ったメロディーを感じる事ができます。

中でも有名なアリアといえば「ある晴れた日に」。誰でも聴いたことのあるこのメロディーですが、ピンカートンのことを想ってひたすら待つ蝶々さんの切ない思いが痛烈に感じられ、物語の哀愁をさらに引き立たせています。

この様にして蝶々夫人は、抒情的なテーマを盛り上げる美しいメロディや複雑な和声効果の使用などプッチーニの音楽の特色が現れた作品であり、イタリアオペラを代表する演目の一つとなっています。
あなたも是非この機会にStubHubで蝶々夫人のチケットを入手して、日本人にも馴染みのあるオペラ作品を生で鑑賞しませんか?

StubHubなら海外で行われる公演のチケットも安心の日本語サービスで購入する事ができます。また急に行けなくなったり、不要になってしまったチケットも当サイトで販売する事ができるので、ぜひご利用ください。
質問等がありましたら当社のカスタマーサポートセンターにお問い合わせください。日本人スタッフが親切・丁寧にあらゆる疑問や問題を解決します。

安心・安全のStubHubで蝶々夫人のチケットを確保して、当日は豪華絢爛なオペラで優雅な時間をお過ごしください。皆様のアクセスをお待ちしています。