白鳥の湖

安心・簡単に利用できるStubHubで白鳥の湖のチケットを確保しましょう!
StubHubでは白鳥の湖のチケットを本場の歌劇場で鑑賞する皆様の為に豊富なチケットをご用意させていただいています。

確実性があるオンラインの市場を構築しているStubHubなら、どなたでも安全かつ簡単にチケットを購入する事ができます。下記の一覧からお好きな一枚を選んで下さい。

白鳥の湖」は、ピョートル・チャイコフスキーによって作曲されたバレエ音楽で、それを用いたクラシックバレエ作品として有名です。
「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」と共に3大バレエの1つとされています。音楽は誰もが聴いたことのある有名な曲ばかりですが、ストーリーは意外と知らない人も多いのでは。ここで簡単に白鳥の湖のストーリーを紹介します。

ある日オデットが花畑で花を摘んでいると悪魔ロットバルトが現れ白鳥に変えてしまいます。
そこへ21歳の誕生日を迎えたジークフリート王子がやってきて、夜だけ人間の姿に戻ることができる彼女に恋をします。
悪魔の呪いを解くただ一つの方法が、まだ誰も愛したことのない男性に愛を誓ってもらうことだと聞いた王子は、花嫁を選ぶ事になっていた次の日の舞踏会に来るようオデットに告げます。

世界各国の踊りが繰り広げられているところへ現れたのは悪魔の娘であるオディールでした。
悪魔が魔法を使ってオデットのように似せていたオディールをオデットだと思い込んでしまった王子は彼女を花嫁に選んでしまいます。

傷ついたオデットは、湖へと戻ります。破られた愛の誓いを嘆くオデットに王子は許しを請います。そこへ現われた悪魔と王子の激しい戦いの末、王子は悪魔を打倒しますが、白鳥たちの呪いは解けないまま。絶望した王子とオデットは湖に身を投げて来世で結ばれるというストーリー。
1937年のメッセレル版以降はハッピーエンドで終わる演出も出てきましたが原典とは異なります。

美しい音楽と豪華な舞台美術、そして卓越した表現力と技術で踊るダンサー達によって創り上げられる最高の舞台を是非現地の歌劇場でご満喫ください。

安心して簡単に利用できるStubHubで白鳥の湖のチケットを入手して贅沢な時間をお過ごしください。

人気の海外チケットでも、日本語、日本円で安心して購入できるStubHubなら皆様のお役に立てます。ご質問・ご相談等があればいつでもお気軽に当社のカスタマーサポートセンターをご利用下さい。
皆様のアクセスをお待ちしています!