セビリアの理髪師

セビリアの理髪師のチケットをお求めの方は、今すぐStubHubにクリックしましょう!
簡単・安全に、ご希望通りの一枚が見つかります。

演劇と音楽で構成される伝統の舞台芸術・オペラ。
オペラというと、高貴なイメージで、コンサートホールにも入りにくい、と思っている皆さんにもセビリアの理髪師をおススメします!
愛・憎悪・死をテーマにした深遠なイメージのオペラも「セビリアの理髪師」でそんなイメージもふとっ跳び!場面によっては大笑いできるシーンも披露してくれるこの作品は、「オペラって楽しい!」と思わせてくれます。

オペラに歴史あるヨーロッパに行く予定だけど、「さあ、どれから行ったらいいだろう? どれを聴けばいいのだろう?」と悩まれている方、迷わずセビリアの理髪師のチケットを確保して、まずはこの作品からお楽しみください!

ここで少し、作品の紹介を。
セビリアの理髪師は1775年にピエール・ド・ボーマルシェの戯曲「セヴィリャの理髪師、あるいは無用の用心」として完成し、オペラ作品としてはチェーザレ・ステルビーニが台本を手掛け、ジョアッキーノ・ロッシーニが作曲を施しました。
初演は1816年、ローマのアルジェンティーナ劇場。

ストーリーは両親をなくしたロジーナが、彼女の遺産を狙った後見人バルトロの家に監禁状態になり、そこへ彼女に恋をしたアルマヴィーヴァ伯爵が何でも屋のフィガロを使って、あの手この手で恋を成就させようとするお話。伯爵の動きに気づいたバルトロも、負けずに応戦しますが、最後はアルマヴィーヴァ伯爵が、貴族の威厳を見せてロジーナとアルマヴィーヴァ伯爵が結婚するという分かりやすいストーリーです。

セビリアの理髪師は、モーツァルトがオペラ化した「フィガロの結婚」と正劇「罪ある母」とともに3部作と言われ、近年でも頻繁に上演されています。

是非この機会にStubHubでセビリアの理髪師のチケットを手に入れて、今回はちょっとお洒落をして、本場のコンサートホールに足を運びませんか?
オペラ通の方も、オペラ初心者の方も誰もが楽しめるセビリアの理髪師で、オペラの醍醐味を生で体験しましょう!

世界中のどこからでもアクセスが可能で応用性が高く、各言語およびコンテンツに対応可能なプラットフォームを構築しているStubHubでは、入手困難な海外のチケットでも日本語、日本円でいつでもどこでもご利用していただけます。ご質問・ご相談もお気軽にお問合せ下さい。日本人スタッフが親切・丁寧にあらゆる疑問や問題を解決します。

セビリアの理髪師のチケットはStubHubで!皆さんのアクセスをお待ちしています!